夜中のトイレは勃起不全、ED

勃起不全、EDの兆候は夜中のトイレ?

この頃、夜中にトイレ行く回数が増えた・・・
なる前に水分の摂り過ぎではなく実は体が男性ホルモンの減少を訴えているのかもしれませんよ。

 

男性ホルモンが減少すると一酸化窒素が十分に供給されなくなり、勃起も弱くなり勃起不全になったり、頻尿を招いたりもするのです。

 

夜中に目が覚めて1回以上トイレに起きるという中年男性はなんと50歳以上で50%以上、そして70歳以上では殆どの方が夜中にトイレにいくというのですから驚きの事実です。しかもそれらの3割以上の方がトイレに3回以上行くというのですから更に驚きです。

 

ではなぜ、夜中に起きてトイレに行くことが勃起不全、EDの疑いがあるのか?一見関係の無いように見えますが実は男性ホルモンに深く関係があるようです。
男性ホルモンは「男らしさをつくる源」なんて言われていますが、ストレスや加齢、そして疲労やイライラ、不安などちょっとした事で減少してしまします。

 

そして男性ホルモンの減少によって勃起不全、EDが引き起こされますがその男性ホルモンと勃起不全、ED、そして夜中のトイレの関係を考えてみたいと思います。

 

強い酸化ストレスによって男性ホルモンが十分に勃起に必要な一酸化窒素を供給できなくなると頻尿になると言われています。

 

そして一酸化窒素が少なくなると膀胱が硬くなってしまい、オシッコをたくさん貯められなくなるため、頻尿となるのです。

 

男性ホルモンの減少=一酸化窒素の減少ということは
膀胱が硬くなり頻尿、一酸化窒素が減少ということは勃起しない・・
という事で夜中のトイレが多くなればなるほどED、勃起不全の警告となるのです。

 

更には男性ホルモンの減少による一酸化窒素の減少は勃起不全、ED、頻尿だけでなくうつ病、生活習慣病、記憶力の低下などを引き起こす可能性があると言われています。その原因は血管の老化によるものですから。男性ホルモンを増やし一酸化窒素を増やして血管を健康に保つことは、全身の健康を維持する上でも大切であるといえるのです。

 

普段から勃起力アップサプリなどで男性ホルモンが減少しないように対策をとるのもよいでしょう。